IT女子ちーさんのwebろぐ

面白いwebサービス・アプリの紹介やビジネスモデルの分析など、ユーザー目線・ビジネス目線からITな情報を発信します!週末に1記事ずつ更新中。

「さとふる」でふるさと納税をしてみました!

こんにちは!IT女子のちーさんです。

皆さん、ふるさと納税ってどんなものかご存知ですか?ふるさと納税とは、知れば知るほどやってみたくなる制度です(笑)。

今、仕事でふるさと納税に関わる機会があって、色々と調べていたら自分もやってみたくなり、先日ついにふるさと納税デビューしました。

今日は、ふるさと納税が簡単にできちゃうWEBサービスをご紹介したいと思います。

 

目次

 

ふるさと納税とは

簡単にいうと、ふるさと納税は「自治体への寄付」です。

でも、ただの寄付ではなくて、寄付をする代わりに税金の控除され、自治体からお礼品がもらえるという2つのメリットが得られます。

税金は、寄付金額から2,000円引いた分だけ安くなるので、実質2,000円の負担で自治体のお礼品を手に入れることができます。

このお礼品がなかなか豪華なので、めちゃお得なんです。

どれだけお得かは最後まで読んでいただければご理解いただけるかなと思います!

 

ふるさと納税が簡単にできるサービス「さとふる」

今回、私が使ったサービスは「さとふる」というふるさと納税ポータルサイトです。ふるさと納税ポータルサイトは、寄付先を探すところから決済、お礼品の配送などを自治体に代わって一括で行ってくれるサービスです。提携している自治体のお礼品人気ランキングや特集などを組んで、自治体をアピールしています。

f:id:i-chihiro93115:20161029184103p:plain

 

さとふるでのふるさと納税のやり方

①会員登録をする。

寄付を申し込むには会員登録が必要です。さとふるは、ソフトバンク系列のサービスなので、YahooIDも使えますよ。

 ②自治体を選ぶ。

さとふるでは色んな自治体の選び方ができますが、特にこだわりがなければ「人気ランキング」から選ぶのが無難だと思います。もらいたいものがある程度決まっている人は、「お礼品から探す」から検索してもいいでしょう。

f:id:i-chihiro93115:20161029184215p:plain

私が選んだお礼品はこちらの2つ!寄付額は、2つで2万円です。これで来年、私の税金が1万8,000円安くなる予定です。

佐賀県嬉野市佐賀牛切り落とし1kg

www.satofull.jp

こちらは1日20食限定のため、夜になると売り切れちゃうみたいです。

■北海道八雲町の毛ガニ

www.satofull.jp

佐賀牛(大量)と毛ガニがたった2,000円ってすごいですよね!お得!

③お礼品のページで「カートに入れる」をクリック。

f:id:i-chihiro93115:20161029190037p:plain

④「この地域の寄付手続きに進む」をクリック。

f:id:i-chihiro93115:20161029190100p:plain

⑤個人情報の取り扱いに同意して、「寄付情報の入力に進む」をクリック。

f:id:i-chihiro93115:20161029190157p:plain

⑥住所とお支払い方法を選択。

ふるさと納税は実はクレジット決済もできます!クレジットのポイントも貯まるし、オススメ。

f:id:i-chihiro93115:20161029190207p:plain

⑦入力情報を確認する。

⑧税金の使い道を選ぶ。

教育、観光、バリアフリーなど使い道を自分で選ぶことができます。

 

寄付申し込みはとっても簡単ですが、ここで終わってはいけません!しっかり申請しないと、税金が控除されませんよ。

 

税金控除のための申請方法

①マイページの受付履歴から「特例申請」のPDFをダウンロードする。

マイページからダウンロードすると、名前や寄付先自治体名などを自動的に記入してくれます。これは便利。

f:id:i-chihiro93115:20161029190327p:plain

②日付やマイナンバーなど必要項目を記入する。

印鑑を押すのを忘れずに!私は、印鑑を押し忘れたために自治体から返送されてきちゃいました(笑)

f:id:i-chihiro93115:20161029192431j:image

③個人情報の書類をコピーする。

でOKです。

④申請書と個人情報の書類を封筒に入れてポストに投函する。

 f:id:i-chihiro93115:20161029192448j:image

お礼品が届きました

申し込みから約8日後に、お礼品2つがまとめて配送されました。

f:id:i-chihiro93115:20161029192504j:image

佐賀県嬉野市佐賀牛切り落とし

f:id:i-chihiro93115:20161029192734j:image

やはりすごい量です。まぁでも冷凍されているので、ある程度もつと思います。

■北海道八雲町の毛ガニ

f:id:i-chihiro93115:20161029194219j:image

八雲町の町長さんからお礼のメッセージが!

f:id:i-chihiro93115:20161029192826j:image

カニのいい香りがします。

f:id:i-chihiro93115:20161029192845j:image

カニは意外と2ヶ月くらいもつそうですよ〜。

2ヶ月の間で友達を呼んでカニ鍋パーティとかしたら人気者になれること間違いなし!笑

 

最後に、注意点

 ふるさと納税には、ひとつ注意点があります。実は、税金控除は無限にされるわけではないので、あんまり寄付をしすぎると損をしてしまいます。税金控除の限度額は、年収によって決まっています。どのくらい寄付すればセーフなのかはさとふるでシミュレーションしてみてください。

シミュレーション~概要~ | ふるさと納税サイト「さとふる」

 

今回、ふるさと納税をやってみて、思ったよりも簡単だったなあと思いました。

正直、今回はお礼品目当てでしたが、実際に税金の使い道を選べたり自治体からお礼のメッセージが届いたりと、少しでも自分のお金が自治体の役に立つと思うと嬉しいですね!

あとは、来年本当に税金が控除されるのかすごく心配ですが、とりあえず印鑑を押して申請書を返送しないと…。

 

それから、12月は税金控除の関係で寄付をする人が増えるので、もしかしたらお礼品売り切れ続出!なんてこともあるかもしれません。やるなら今のうちがおすすめですよ〜。

ふるさと納税、意外と簡単なので、皆さんもぜひやってみてください!