IT女子ちーさんのwebろぐ

面白いwebサービス・アプリの紹介やビジネスモデルの分析など、ユーザー目線・ビジネス目線からITな情報を発信します!週末に1記事ずつ更新中。

IT女子の格安スマホ乗り換え体験記①〜ソフトバンクからの乗り換えで押さえるべきポイント〜

f:id:i-chihiro93115:20170709144937j:image
こんにちは!IT女子のちーさんです。
 
今、どんどん増えている格安スマホユーザー。IT女子の私もついに今月から格安スマホデビューです!
 
格安スマホへの乗り換えは、ほぼデメリットのない最強の節約方法だと思います。
そこで今回は、2回にわたって、私の実体験をもとに格安スマホの乗り換えについて解説します。
 
この記事は、少しターゲットを絞って、ソフトバンクから乗り換えする方々に特に役に立つような記事にしたいと思います。
 
第1回の今回は、格安スマホ業者を選ぶ前の準備段階について解説し、第2回は、私が選んだ格安スマホ業者を紹介します。
 
 
もくじ
 

ポイント①今のスマホでは格安SIMは使えない

 
格安SIMを最も安く利用する方法は、今使っている端末に格安SIMを挿入して、通信費だけ払う方法です。
端末セットにすると割引はあるといえど、どうしても高くついてしまいます。
 
しかし!ソフトバンクユーザーは多くの場合、そのままの端末では格安SIMに乗り換えられません。(※Ymobileへの乗り換えを除く)
 
なぜかというと、ほとんど格安SIM業者は、ドコモまたはauの回線を使っているためです。(格安SIM業者の90%がドコモ回線、10%がau回線を使っているそうです)
 
ソフトバンクで購入した端末には、ソフトバンクの回線しか使えない「SIMロック」というものがかかっています
つまり、ソフトバンクの端末では格安SIMは機能しません。
ただ、一定の条件を満たしていれば、ソフトバンク店舗でSIMロック解除ができます。
 
<条件>
(1)2015年5月以降に販売されたモデルであること。
(2)半年以上使った端末であること。
 

条件(1)について、iPhoneでいうと、iPhone6以降のモデルです。

私は、iPhone5sを使っていたので、新しい端末を買うしかありませんでした。
 
端末についてまとめると、通信費を最安にするには、
ソフトバンクで2015年5月以降に販売されたモデル→半年以上使ってSIMロック解除してもらう
ソフトバンクで2015年5月以前に販売されたモデル→諦めて端末を買うか、端末セットプランにする
 
です!
 

ポイント②ソフトバンクからの乗り換えのベストタイミング

 
ソフトバンクから格安スマホにする場合の一番お金のかからない乗り換えタイミングについて解説します。
 
ポイントは、「契約更新期間」と「請求締め日」です。
 
契約更新期間について
 
ソフトバンクの2年契約をまっとうしたら、契約更新期間が訪れます。
契約更新期間は、購入した月の2年1ヶ月後から2ヶ月間です。
 
私は、2015年5月に購入したので、更新期間は、2017年6月21日〜2017年8月20日でした。
 
この期間中に解約手続きを行えば、違約金9,500円は取られません。
 
さらに、この契約期間の中でも、最もお得なタイミングが存在します。
そのポイントが請求締め日です。
 
請求締め日について
 
請求締め日とは、その日を超えると次の月のお支払い対象になるという日です。
(20日締めなら、21日から次月の請求が行われる)
 
ソフトバンクの請求締め日は、契約開始した期間などの条件によって3種類存在するそうなので、マイページで確かめるのが無難です。
 
私の場合、20日締めだったので、更新期間が上記のようになっています。
 
ここで注意したいのが、6月21日に乗り換えを行うと、1ヶ月分の通信費が無駄になるということです。
日割り計算での請求ができないため、6月20日を超えると、使っても使わなくても7月20日までの通信費を払うことが確定しています。
だったら、7月20日まで目一杯使ってから乗り換えをするのが一番お得です。
 
つまり、最もお得なタイミングとは、更新期間内の請求締め日ということになります。
 

ポイント③ソフトバンクから番号を引き継ぐには

 
格安スマホに乗り換えるとしても、番号は同じものを使いたい人が多いと思います。
その場合、行わなければならないのが、「MNP」という番号引き継ぎのサービスです。
 
ソフトバンクMNPは、ソフトバンク携帯から「*5533」に電話をすれば、5分くらいで完了します。
受付時間は、9:00~20:00です。
 
ただし、このMNPには注意点が2点あります!
 
(1)MNPの有効期限は15日間
(2)格安SIMをwebで申し込む場合、有効期限ギリギリだと申し込めない
 
(1)MNPの有効期限は15日間
 
MNPには発行日から15日という有効期限があるので注意が必要です。
有効期限が切れると、番号引き継ぎができず、再発行しなければならなくなります。
 
(2)格安SIMをwebで申し込む場合、有効期限ギリギリだと申し込めない
 
格安SIMをwebで申し込む場合、SIMカードが届くまでのタイムラグを加味して、MNPの有効期限が何日間か残っていないと申し込めないみたいです。
私も、見事にこのトラップに引っかかりました(笑)。
「15日あるからもう少し経ってから申し込めばいいや〜」と、有効期限の1日前くらいに申し込もうとしたら、「有効期限が10日以上残っているMNP予約番号でないと申し込みができません」の表示が。
仕方なく、もう一度電話をかけて、再発行しました・・・。(ちなみに、有効期限内でも再発行はできるみたいです)
 
web申し込みの場合、SIMカードを受け取るまで2~3日かかるので、20日に乗り換えをしたいなら、15日くらいにMNPの予約番号を受け取って、その日のうちにwebで申し込みするのが良いと思います!
 
店舗での申し込みであれば、20日の朝にMNP予約番号を取得し、その日に店舗に行って契約、その場でSIMを受け取って開通手続きをすれば1日で乗り換えできます。
 
ただ、お得度でいうとwebの方が高いので、特に不安がない人はwebでの申し込みがおすすめです。
web申し込みで得をする方法については、体験記②で解説します!
 
以上、格安スマホ業者を選ぶ前の準備について、ソフトバンクユーザー向けの解説でしたー!
 
ソフトバンクユーザーの皆さん、この方法でお得に格安スマホに乗り換えて、通信費節約しちゃいましょう♪
 
IT女子の格安スマホ乗り換え体験記②格安スマホ業者選びにつづく…。
 

おすすめ記事

 

i-chihiro93115.hatenablog.com

 

i-chihiro93115.hatenablog.com